2015.02.08更新

【生命保険の契約者変更の届出が義務付けられます】

平成27年から相続税の課税が強化されたことは既に
ご存じだと思いますが

相続税の申告で、一部の生命保険契約が相続税の申告書で
申告漏れとなることが多いようです

一般的には、生命保険と言えば
夫が契約者・夫が被保険者・妻が受取人というパターンが
多いと思います。

この場合に、夫が亡くなって妻が生命保険金を受取れば
生命保険の受取として相続税の申告対象となります

しかし、夫が契約者・妻が被保険者・夫が受取人という
契約のパターンで、夫が先に亡くなった場合

法定相続人は、保険契約の権利を相続することになります
しかし、夫が亡くなった時点では生命保険金を受取ることが
できないので、相続財産として認識しない方が多いのが現状です

従ってこのタイプの生命保険契約が、相続税の申告実務で
申告漏れとなる場合が多いようです

そこで国税庁は、2018年から生命保険の契約者が死亡した
ことにより、保険契約者が変更となった場合には
契約者変更の調書を国税庁に提出することを義務付ける
ことにするようです

相続税対策で、様々な保険契約を締結している場合
相続税の申告漏れにはご注意ください。

***************************
確定申告のご相談は、お気軽にお尋ねください

http://確定申告.biz/

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
マラソンを走って10キロダイエットを目指している
神戸・芦屋・西宮の相続税専門税理士のブログ

相続税対策のご相談
相続税の申告業務
相続税の税務調査対策

なんでもお気軽にお問い合わせください

近江清秀公認会計士税理士事務所

神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館17階
TEL:078-959-8522
FAX:078-959-8533
Mail:office@marlconsulting.com

事務所HP
http://www.marlconsulting2.com/

安心できる神戸相続Navi
https://www.kobesouzoku.com//

信頼できる神戸経営支援Navi
http://www.oumi-tax.jp/

不動産賃貸専門税理士
http://www.不動産賃貸税理士.com/

近江清秀公認会計士税理士事務所相続税部門facebookpage
https://www.facebook.com/kobesouzoku/timeline

近江清秀公認会計士税理士事務所法人税部門facebookpage
https://www.facebook.com/keieishiennavi

確定申告LP
http://確定申告.biz/

All ABOUT JAPAN のコラム
http://profile.ne.jp/pf/oumi/c/

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

投稿者: 近江清秀公認会計士税理士事務所