医院名:近江清秀公認会計士税理士事務所 
住所:〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8丁目1-6神戸国際会館17階 
電話番号:078-959-8522

相続税、節税に役立つブログ

2023.12.23

生前贈与加算の対象者

[相談]

被相続人Aは、相続開始の年の前年以前から相続開始の年まで数年間連続して

孫Cに暦年課税贈与(各年120万円)を行っていました。

この被相続人Aから今回の相続において財産を取得したのは

Aの子であるB(Cの親)のみなのですが、この場合、孫Cについて

相続税法上の生前贈与加算の規定の適用はあるのでしょうか。教えてください。

[回答]

今回のご相談の場合、孫Cについては

相続税法上の生前贈与加算の規定の適用はないこととなります。

詳細は下記解説をご参照ください。

[解説]

相続税法上、相続又は遺贈により財産を取得した者が

その相続の開始前3年以内(※1)にその相続に係る被相続人から

贈与により財産を取得したことがある場合においては

その者については、原則として

その贈与により取得した財産の価額を相続税の課税価格に加算した価額(※2)を

相続税の課税価格とみなして算出した金額(※3)をもって

その納付すべき相続税額とすると定められています(生前贈与加算)。

 

今回のご相談の場合

孫Cは被相続人Aからの相続により財産を取得していないことから

ご相談の孫Cへ行われた暦年課税贈与について

生前贈与加算の規定の適用はないこととなります(※4)。

なお、孫Cが相続開始の年に被相続人Aから受けた暦年課税贈与については

通常どおり、贈与税が課税されることとなりますので

念のためご留意ください。

  1. ※1 「その相続の開始前3年以内」とは
  2.          その相続の開始の日からさかのぼって3年目の応当日から
  3.          その相続の開始の日までの間をいうこととされています。
  4.          なお、令和5年度税制改正により、令和6年1月1日以後に贈与により
  5.          取得する財産に係る相続税については、その相続の開始前7年以内となります。
  6. ※2 相続税の課税価格に加算される財産の価額は
  7.         その財産に係る贈与の時における価額によることとされています。
  8. ※3 その贈与により取得した財産の取得につき課せられた贈与税があるときは
  9.        その金額からその財産に係る贈与税の税額として
  10.        一定の方法により計算した金額を控除した金額となります。
  11. ※4 孫Cが、被相続人Aを特定贈与者とする相続時精算課税適用者である場合には
  12.        孫Cが被相続人Aから相続又は遺贈により財産を取得しなかった場合であっても
  13.        生前贈与加算の規定が適用されます。

[参考]
相法19、相基通19-1、19-2、19-3、国税庁「令和6年1月1日施行

令和5年度 相続税及び贈与税の税制改正のあらまし」など

近江清秀公認会計士税理士事務所専門サイトのご紹介

  • オフィシャルサイト
  • クラウド会計ソフト「freee」専門サイト
  • 兵庫M&A事業承継センター
  • 不動産賃貸専門税理士
  • Mykomon
  • 瀬号パートナーズ
  • あと法務事務所
  • 正道会館